ローソク足

FXで為替相場を見る際、チャートと呼ばれるグラフを見ることになります。

そこで現れるのが、四角いローソクのような形をした図です。チャートにはこのローソクのようなものがたくさん並んでいます。この一つ一つの四角いものは「ローソク足(あし)」と呼ばれています。

ローソク足は、どの単位時間の値を表しているかで、5分足、1時間足、日足、週足などと名前が異なります。

例えば1時間足を見てみましょう。1時間足のチャートを見たとき、一つのローソク足はその点の1時間の間に相場がどう動いたかを表しています。
1時間のうちの始まりの価格は、白いローソク足なら四角い部分の下の値、黒いローソク足なら上の値を見ます。1時間終わりの価格は、白いローソク足なら四角い部分の上の値、黒いローソク足なら下の値を見ます。

また、1時間のうちの最安値は、四角い部分から突き出ている線の一番下の値、1時間のうちの最高値は、その線の一番上の値を見ればわかるようになっています。四角い部分は「胴体」と呼ばれ、飛び出ている線は「ひげ」と呼ばれています。

HOME > ローソク足